クレジットカードの現金化やその他現金化にまつわる情報



■クレジットカードのショッピング枠の現金化

VISAやシティーバンク、JCB・マスターカード・オリコ・セゾン・OMC・KYODO・KC・LIFE・アプラス・TSキュービック・CFなどのクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービス会社がある。
クレジットカードの所有者が仲介会社で商品を購入し、ショッピング枠を買い取るという仕組みになる。


クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りるようなシステムです。
ショッピング枠の現金化を高還元率(90%以上)で行う業者も存在する。
現金化の高還元率の業者としてはビーカードなどがある。

一度仲介を通すため、商品券の現金化と少し似ているという人もいる。


手数料は10%はかかるが、クレジットカードのショッピング枠を使用していない人やスグに現金が必要な人には有効な手段となる。
ショッピング枠を現金化するのにかかる時間により、手数料も異なる。
ショッピング枠を即日で現金化できるプランがある会社も存在する。


2ちゃんねる掲示板でショッピング枠の現金化に関する情報も良く見ることができるが、業者の書き込みも多く、
また詐欺の可能性も否定できないことからクレジットカードの現金化や金券ショップ、特に約束手形や小切手の現金化に関する情報を鵜呑みにしないで、他の媒体でも良く調べてから実行することをオススメします。



クレジットカードにはキャッシング枠があります。
キャッシング枠を使い切るとそれ以上、お金を借りることはできないが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればその枠を使って、カードで買い物をすることが可能となる。


そのため、キャッシング枠の残高が既になく、手元に現金が必要な人はショッピング枠を活用して金券等の物品を購入し、それを売るなどして換金してしまえば、結果的に現金を手にすることになる。


そのため、ショッピング枠の換金をビジネスとする業者も多く存在してきている
ショッピング枠の現金化をオンラインで申し込めるところもある。


それらの業者はクレジットカード所有者に自社でショッピング枠を使用させて、商品購入させる。
その後、キャッシュバックを行うことで現金化を行う。
それらの業者の中には、売った商品を買い戻すことで現金化する業者も存在する。


それらの業者はチケットショップの各店舗やショッピング枠の現金化専門の業者が東京、蒲田、横浜、京都市、山梨県、札幌、名古屋、大阪、福岡、沖縄と全国各地に存在する。特に主要都市部には多く存在しているようだ。



しかし、ここで注意する必要がある。
それは「カード会社への支払いが終わるまでの間、ショッピング枠を使用した商品の所有権はカード会社に留保される」ということだ。

そのため、支払いが終わってないにもかかわらず、その商品をショッピング枠の現金化をする業者に渡して、現金のキャッシュバックを得ようとすることは、カード会社への詐欺に当たる可能性があるからだ。

ショッピング枠の現金化をうたっていて、商品が手元に送られてこないショッピング枠の現金化はクロと言っても過言ではないだろう。ショッピング枠の現金化を行う場合には業者をよく比較し、詐欺の被害にあわないように注意する必要がある。




■Eby(エディ)を現金化する方法
Ebyとはソニーが開発した非接触ICカードの技術方式であるFelicaを利用した電子マネー(web money)のことである。

Edy(エディ)カードのICの中には入金記録や支払い記録が書き込まれており、残高の範囲内であればお金のように使うことが可能である。
Ebyの残高を現金化する方法としては、以下の手順がある。


1:Edyで支払いができるサイトで買い物する。
注意:キャンセルができる商品を選ぶ。
2:決済後にキャンセル
3:Edyギフトでの返金は出来ないため現金で返金される。


Edy(エディ)は自宅でクレジットカードを利用してチャージ(入金)が可能である。
そのため、クレジットカードを使用することで、クレジットカードのポイントが増えることになる。
Ebyにチャージした残高を換金することができれば、クレジットカードのポイントだけが増える可能性が高い。


ただし、現在ではEbyにクレジットカードでチャージすることでクレジットカードのポイントを与えることを止めているクレジットカード会社も増えている。
楽天カードやUCSカードなど)

ちなみに、ライフカードでは誕生月に利用すると通常の5倍のポイントがボーナスポイントとして付与される。
そしてライフカードでEdyカードにチャージする事が可能。



■ギフトカードの現金化


小切手を現金化する方法はまだ日本では主流ではないので、情報が不足しているのが現状です。
海外では小切手でのやり取りは珍しくない。そのため、日本で海外の小切手を日本で換金する際には
海外小切手換金専門のショップに依頼する方が大手都市銀行で現金化するよりも安くなることが多い。
日本の銀行で換金する際には、大手都市銀行で換金してもらえる。

ただ、小切手を換金するのに要する時間によっても、手数料が異なる。
小切手Get2Cashが一番手数料が安価かと思う。
1ヶ月以内の振込の場合、95%で換金、一番早い3営業日(85%)で換金してもらえる。

------------------------------------
その他、良く話題になる現金化関連の情報
------------------------------------

■収入印紙を現金化

■小為替の現金化

■テレホンカードの現金化

■約束手形の現金化

■株券の現金化

■切手の現金化

ブログに記事を書いて現金化





posted by クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済de現金化 at 03:40 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。